条件に合った弁護士事務所を手軽に探そう|方法を伝授

記事一覧

当たり前ではない事

男女と子ども

発生しない場合もある

離婚と言えば慰謝料といったイメージがありますが、慰謝料の必要のないケースもあります。発生するかしないかを正しく知っておく必要はあります。そもそも慰謝料とは、不法行為に基づくもので精神的損害に対して支払われるものです。離婚問題では不倫などの不貞行為やDV等があたります。しかし法律問題であり、配偶者の不法行為や違法行為、それによる精神的損害等を立証する必要があるのです。その立証をする為や請求をする為に、専門家である弁護士等に相談するのです。弁護士等に相談する事で、どのようにすればよいのか等、的確にアドバイスがもらえます。逆に慰謝料が発生しない場合ですが、不法行為が明らかにない離婚では請求はもちろんできません。それ以外では上記の慰謝料請求に対して証拠が信頼できるものではない事を主張したり、アリバイを主張された場合です。不法行為や違法行為、不貞の証拠に対して成立しない証拠を提出したりして争うのです。この争いには法的技術が必要になります。普通の人では証拠集めや反論は難しい為、一般的に弁護士等の支援が必要になります。離婚の際の慰謝料は、何もしないでもらえるものではありません。相応に証拠が必要であり、また逆にされた場合にはアリバイを提示して争う事もできます。つまり離婚イコール慰謝料発生は当たり前ではありません。慰謝料請求には多分の法的知識が必要です。その為、円満離婚以外は離婚調停となり専門家のサポートが必要になります。

Copyright© 2017 条件に合った弁護士事務所を手軽に探そう|方法を伝授 All Rights Reserved.